学校概要




沿 革
昭和22 開校・授業開始
元浜松高等女学校雨天体操場間仕切完成
平成2 市指定「国際理解教育推進事業」
昭和23 浜松市立広沢小学校(5学級)
浜松市立北小学校(3学級)の分散授業
平成3 市指定「家庭教育地域育成事業」
柔剣道場落成
昭和24 6教室増築 二部制授業解消
2教室、職員室、応接室兼校長室増築
5教室増築
平成5 本館大規模改修工事
昭和27 教室不足により各学年8学級に圧縮
6教室増築
平成7 市指定研究「情報教育」
昭和29 教室不足により35学級を30学級に圧縮 平成8
 〜
平成9

県指定研究「情報教育」・市指定「情報教育」
昭和31 生徒数2048名 学級数37
2学級増 認定39学級
平成10 市指定「情報教育・インターネットの活用
プール市水道切り替え工事」
昭和32 蜆塚教場12教室 給食室等完成
2学年蜆塚教場で分散授業開始
平成11
 〜
平成15
自主研究発表「学びのネットワーク21」
昭和33 蜆塚教場第二期増築工事開始
広沢校区全生徒蜆塚教場へ移動
蜆塚教場増築工事竣工
平成16 体育館耐震工事
昭和35 蜆塚教場独立 浜松市立蜆塚中学校
鉄筋校舎落成(普通3、特別3、教材2)
鉄筋校舎増築(6学級)
平成17 木工室・金工室耐震工事
昭和42 市指定研究発表
「主体的な態度形成をめざす学習指導」
平成18 経済産業省委託事業
「キャリア教育プロジェクト」
昭和45 特別教室落成(音楽室2 美術室1) 平成19 経済産業省委託事業
「キャリア教育プロジェクト」
北校舎耐震工事
昭和48 本館工事完成 平成22
 〜
平成23
市指定研究「小中一貫教育」
昭和50 体育館落成、校舎外装、庭園完成 平成25
 〜
平成26
文科省委託事業「学校運営協議会制度」
昭和51 市指定研究発表
「充実した学校生活を送らせるために」
平成26 体育館非構造部材落下防止対策工事
浜松市立中部中学校区小中一貫校整備工事
 (仮設校舎建設)(解体工事1期)
昭和52 技術室 部室 外便所完成
難聴学級解説(難聴教室完成)


昭和54 50メートルプール完成

昭和57 本館耐震工事完了

昭和60 県指定研究発表「学校経営」

 
昭和61 パソコン教室開設

昭和62 市指定研究発表「パソコンによる個別学習」

昭和63 正門周辺の緑化 整備


学区の概要
  学区は浜松市中央部に位置し、文化的施設などに恵まれており、一般に教育的関心は高い。
 主として繁華街を学区とする関係上、最近の社会構造の変化に伴うドーナツ化現象や少子化により、
 生徒数は減少傾向にある。
  ・近接高等学校(浜松北高校・浜松市立高校・浜松学芸高校・浜松開成館高校)
  ・近接市施設(中央図書館・教育文化会館・市体育館・美術館・クリエート浜松・文芸館)
  ・官公庁(市役所・税務局・中央消防署・中央郵便局・イーステージ・静岡県総合庁舎)
  ・公園(浜松城公園)

生徒の実態
 本校生徒はいわゆる都会っ子で現代っ子の特徴が多く見られる。
生徒会のリーダーは向上意欲が旺盛で、積極的な活動を展開している。
またフォロアーの生徒も奉仕活動などの呼びかけに気持ちよく応え、参加する生徒も多い。
あいさつも積極的に元気よくできる生徒が数多く見受けられる。
反面、「基本的生活態度が充分定着していない」「物を大切にできない」「苦しいことを避けたがる」
等の面が見られるが、徐々に改善されつつある。

保護者の様子
 本校の卒業生が多く、学校に対する誇りを持っている保護者も多い。
また全体として、家業や地域を大切にする意識が強く、地域社会にあってよく知っている人同士の集まりであるといえる。
それだけに地域に対する愛着も強く、学校に対しては協力的でPTA活動なども献身的な活動を展開し教育活動を支えてくれる。
 日常の教育活動については、比較的はっきりとした意思表示をし、「生活アンケート」でも学校に対しての要望もきちんと述べる。
明るく、さっぱりとした都会的な気風で、確かな学校の方針や姿勢を示せば、大きな協力を得られる。