地震や台風など,緊急時の対処


1 東海地震注意情報発表後の対処

2 台風による暴風警報発令の時の対処






1 東海地震注意情報発表後の対処

登校中 在校中 下校中 在宅中

そのまま
登校する
保護者と
帰宅する
そのまま
帰宅する
休校

T東海地震注意情報発表時に自宅にいるものは,自宅で待機する。

U登校中のものは,学校に集合する。

V教室に集まる。

W教師の指示を聞く。

T教室に集まる。

U教師の指示を聞く。

T学校にいるものは、教室に集まる。

U教師の指示を聞く。

※警戒宣言発令の可能性がなくなるまで待機する。

※警戒宣言が発令された場合は、警戒宣言解除まで待機する
            

T’ 人員確認をする。

U’ 教師の指示で避難する。

V’ 学級単位で集合待機する。

W’ 保護者に引き渡し,帰宅する。

※留守家庭児童は,学校で待機し,保護者の迎えを待つ。

◎よく見える場所にはっておきましょう。
◎親子で確認しておきましょう。







2 台風による暴風警報発令の時の対処


☆暴風警報の時の対処です。その他の警報や注意報の時は,原則として休校ではありません。
状況によって学校から連絡が入りますので,連絡がつくように配慮ください。

対 処 の 仕 方



テレビ・ラジオを通して
台風の動きや警報の発令状況をつかむ

○午前7時の時点で「暴風警報」が発令中の時

自宅で待機する

○午前10時の時点で「暴風警報」が解除されているとき

登校する

※午前10時前に解除されても,自宅で待機し,午前10時になってから登校する。

※給食がないので,お弁当を持参する。

※登校する際には,通学路の安全に注意して登校する。

○午前10時の時点で「暴風警報」が解除されていないとき

休校とする



警戒解除(台風通過)まで学校にとどまる

※台風の動きによっては,早めに下校させることもある

○午後3時を過ぎても「暴風警報」が解除されていないとき

適切な方法で下校する

※保護者と連絡を取り,下校方法を検討する