在校生・保護者の方

警報の発表時について

浜松市立高等学校防災マニュアルより引用(平成25年10月)

暴風警報発表時ケース別対処基準

台風等による『暴風警報』が発表された時には、情報を把握のうえ、下記の基準により適切に対処する。

暴風警報の有無 対処方法の基準
登校前6:00の時点において台風等による『暴風警報』が発表されている時 生徒は11:00まで自宅で待機する。
11:00の時点において台風等による『暴風警報』が解除されている時 生徒は、交通手段を確認して午後の授業に間に合うように登校する。
ただし、今後の気象情報や地域の実情を家族と相談し、安全に登下校できることを確認した上で登校する。安全に登下校することが心配される場合は学校に連絡し、自宅で待機するか状況を見て登校する。
11:00の時点で台風等による『暴風警報』が発表されている時 学校は休校とする。
在校中台風等による『暴風警報』が発表されている時 原則として午前中は学校に留める
安全を確認した後、下校する。
 【確認事項】
①公共交通機関の運行状況、道路状況の確認
②保護者引取りの有無
③集団下校者の確認
④自転車通学生の安全指導
⑤下校途中で帰宅不能になった場合の対処方法
安全に下校することが困難な生徒については、保護者と連絡を取り適切な対処をする
『暴風警報』は発表されていないが、台風の予想進路や勢力から、生徒の下校に支障があると想定される時 市教育委員会等からの情報を基に、台風接近前に生徒を下校させる。
※ 留守家庭については学校に残留させる。
15:00を過ぎて『暴風警報』が発表されている時 保護者による引き取り等適切な対処をする。

その他の警報(大雨・洪水等)、防災情報(土砂災害警戒情報・記録的短時間大雨情報)発表時の対処について

『暴風警報』以外に自然災害の発生が危惧される場合は、地域の実情により学校の判断で適切に対処する。