受験生の方

生徒の声

在校生の声

受験生の皆さんへ

情報処理部

生徒会長 Oさん

私たち市立生は、「規律ある進学校」に学ぶ者として高いレベルの授業に意欲的に取り組んでいます。
また、県内トップクラスの成績を誇る部活動、集団で一致団結して盛り上がる学校行事など、
文武両道を目標に掲げメリハリのある生活を心掛けています。
現時点では高校生活や入試に対して、楽しみ以上に不安が募っているという人もいるかもしれません。
ですが、市立高校には上記の通り、充実した高校生活を送ることができる素晴らしい環境が整っています。
きっと皆さんの不安を吹き飛ばすような、新しい出会いが待ち受けていることでしょう。
来春、皆さんが本校に入学されることを楽しみにしています!頑張ってください。

意欲を持って勉強に取り組めています

情報処理部

Kさん

私は中学生の頃から歴史が好きだったので、文系を選択しました。
今は大学の文学部で世界史か哲学を学びたいと思っています。
高校での学習内容は中学校のものと比べてかなり高度になり、より専門性が増します。
日々の勉強は大変ですが、自分で学んだ知識で問題が解けたり、その知識が日常生活で確かに活用されていることを実感できたりする循環は、柄も言われず嬉しさを感じます。勉強することで知識や思考力が養える一方で、更に色々なことを知りたいという好奇心が生まれてくる、それが原動力となり私は意欲を持って勉強に取り組めています。
また、教室を共にする仲間は、志を高く持った人ばかりなので、互いに切磋琢磨しながら、様々な面で自分が日々成長できているのが感られます。このような恵まれた環境で過ごす時間は、早いものであと8ヶ月ほどです。
一生の宝となるこの時期の一日一日を大切に過ごしたいと思います。

忙しく、充実した日々を送っています

箏曲部

Mさん

私は、遺伝についての興味があったので、大学では生物学を学びたいと思い、理系を選択しました。中学生の時にはまだやりたいことが決まっていなくて、高校生になったらやりたいことは見つけられるだろうと楽観的に考えていました。
高校では中学とは授業のレベルが全然違います。
意欲的な友人たちに囲まれた中で受ける授業は、自分の学習意欲も向上させます。
私はその中で自分が学んでいて一番楽しいことを見つけることができました。
私は部活動でも勉強でも全力で取り組みたかったので、隙間時間を有効に活用するよう心掛けました。
部活動は週6日で忙しく、片道一時間のバスの中で授業の復習や暗記物を徹底してやるようにしました。
勉強も部活動も忙しいですが、私はとても充実した日々を送っています。

卒業生の声

励ましてくれる友人がいた

陸上競技部 / S大学 看護学部 看護学科1年

Sさん

私が、これから市立高校に入学する皆さんに一番伝えたいことは、友人を大切にして欲しいということです。
この3年間を振り返ってみると楽しいことが数え切れないほどありました。部活で怪我をして思うように走れないとき、中学の頃とは比べものにならないくらいの膨大な量の課題に追われたとき、そして受験勉強で結果が出ないとき、などです。
しかし、それを乗り越えて、今私は看護師になるという将来への一歩を踏み出しています。
それは決して1人では乗り越えることができませんでした。辛いときに、相談に乗って励ましてくれる友人がいたからこそです。
楽しいことは誰と共有しても楽しいけれど、辛いことを共有できる友人は少ないです。その辛いことを共有できる友人をこの市立高校で見つけて欲しいです。大学は、クラスというものがなく、とても自由です。
しかし、その分、一年間クラスを共にするクラスメイトと団結して何かを成し遂げる、ということはありません。
この体験は高校までにしかできないものだったと大学に入り、身にしみて感じました。最初は、知らない子に話しかけるのにも勇気がいりますし、大変です。しかし最後には絶対市立でよかったと思えます。辛いこともいい思い出になっています。なので、この高校に入れたということに誇りを持って3年間成長していってください。

高校の友達は一生のもの

書道部 / N大学 情報学部 自然情報学科 1年

Yさん

私が浜松市立高校に進学して特に良かったと思うことは、親身になってくださる先生方と、素晴らしい仲間に出会えたことです。
高校での勉強は中学とは違うことも多く、分からなくなってしまうこともあります。そんな時に質問することができ、その質問に分かるまで付き合ってくださる先生方に恵まれたことは本当に幸運でした私が塾に通うことなく今の大学に進学することができたのは、先生方のサポートのおかげであると言っても過言ではありません。
また、みなさんも聞いたことがあるかもしれませんが、高校での友達は一生のものになり得ます。長いようで短い高校生活ですがその間には沢山の出来事があります。辛い時、困った時に共に悩み支えてくれる友達はかけがえのないものです。私にはそんな仲間のおかげで頑張れた経験がいくつもあり、市立にて彼らと出会えたことに心から感謝しています。
最後になりましたが、どのような高校生活を送るかはその人次第です。しかし周りの環境の影響は非常に大きなものです。その点で、この高校はみなさんの期待に応えられる場所であると思います。浜松市立高校にて素晴らしい高校生活を過ごしませんか?みなさんのご健闘をお祈りしています。

些細な事でも一生心に残る

情報処理部 / K大学 教育学部 1年

Sさん

私が大学生活で他の高校の人達と関わる中で改めて市立高校での日々がとても充実していたものだと感じました。
市でしか味わう事のできない三大行事の楽しさや、部活と勉強で忙しい日々の中でどちらの目標も達成する事が出来た時の喜び、友達と共に休み時間過ごすことなど些細な事でも、ずっと心に残るいい思い出です。
さらに市立高校で3年間過ごす中で私の将来の夢が、高校教諭になる事になった程、先生方に勉強面でのサポートや、日常生活でとてもお世話になりました。高校生活は長いようで短い3年間だったと思いますが、市立高校で過ごす事が出来て勉強部活私生活全て充実した3年間を過ごす事が出来ました。
皆さんもぜひ市立高校で充実した3年間を過ごしてください。

切磋琢磨した日々

弓道部 / K大学 経営学部 1年

Kさん

僕にとっての浜市での3年間の高校生活はとても充実したものでした。
素晴らしい仲間と行事や部活動を通して切磋琢磨した日々は今思い返すととても楽しいものでした。
そんな風にお互いを高め合うことができるような仲間と出会うことができた浜市はとても素晴らしい学校であった、と浜市を卒業して2か月ほどが経って改めて感じます。
浜市は部活動と勉強の両立、いわゆる文武両道を目指す学校です。しかも勉強も部活動も目指しているレベルはとても高いです。勉強と部活動をどちらも高いレベルで両立することは簡単なことではありません。
しかし、浜市の生徒の多くはそれを目指していて、実現できている生徒が実際、たくさんいます。さらにそれを実現することができる素晴らしい環境がそろっています。
浜市は勉強や部活動だけではなく行事も充実しています。浜市には萌葱祭、合唱コンクール、そして体育祭の三大行事があり、どの行事でもクラスが一丸となつて1つの目標に向かって協力し努力するので、三大行事を通じてクラスはどんどんと1つになっていきます。浜市での3年間の高校生活で僕はとても大きく成長できたと思います。
みなさんもぜひ浜市で充実した高校生活を送ってください。

一回りも二回りも成長させてくれた

陸上競技部 / T大学 体育専門学群 1年

Sさん

高校生活を振り返ると、貴重な体験がたくさんありました。そして大学へ入って改めて、浜松市立高校で良かったと思っています。理由は2つあります。1つ目は、多くの優れた友人に出会えたことです。
市立は「当たり前のことを当たり前にできる人がたくさんいます。例えば、先生にきちんと挨拶ができる、時間をきちんと守る、などです。高校生の時は、当たり前すぎて気付きませんでしたが、違う場所にきて初めて、市立のレベルの高さに驚きました。
一緒に過ごすことで、お互いを高めあっていける環境が整っています2つ目は、自分で考えて行動する力を養えることです。
市立は勉強だけでなく、部活動も盛んです。どちらもレベルが高く、中学の時に比べてとても忙しく感じると思います。そこで心要となるのが、自己管理能力です。
私はこの市立の生活の中で身に付けました。私は陸上競技部で長距離をに行っていて、駅伝に出場するために3年の11月初めまで、受験勉強と並行して部活を行っていました。部活をやりながら志望校に合格するにはどうすればいいのか、自分で考えて、目標を達成することができました。
もちろん、困ったときには多くの先生方からご指導して頂きました。このように市立は、私を一回りも二回りも成長させてくれました。恵まれた環境で自分を高めることができる素晴らしいところです。
皆さんもぜひ市立で自己の研鑚に努めてください!