飯田小学校の安全対策に対する取り組みを紹介します。
1.防犯対策について
2.交通安全対策

1.防犯対策

  • 複数人数による登下校
  • 下校時刻を同じ学年でできるだけそろえる
  • 学級指導(登下校時や帰宅後,及び休日の過ごし方について)
      ※資料「かんがるーのお家」参照
  • 全校指導 (児童の安全意識を高めるための講話)
  • 昼の放送による児童への情報提供
  • 生活便り等による地域,保護者への情報提供と協力要請
      ※資料「地域・保護者配布文書」参照
  • 職員の共通理解
  • 職員による安全対策研修会
  • 児童在校中の学校門扉の施錠
  • 玄関での受付・来客等の名札着用のお願い
  • 外来者への職員による声掛け
  • 児童在校中には教師が子どもの安全を確保する
  • 部会各校・警察・市教委との不審者情報の早期連絡
  • 学校職員による学区の見回り
  • 地域安全推進委員による下校時における地域の見回り
  • 登下校に合わせての「わんわんパトロール」の実施
戻る
2.交通安全対策
○ 新入生交通安全教室(1年生対象)
  • 新入生の道路の歩行や横断の練習を通して,正しい歩行や横断歩道の渡り方について知り,あわせて交通安全に対する意識を高める。
○ 交通安全教室(1〜6年生対象)
  • 交通安全指導員の方からの話を聞いたり,映画を見たりする活動を通して,車の危険性を再確認し,常に交通安全に気をつけようとする態度を身につける。
  • 自転車教室を行うことによって,正しい自転車の乗り方を知り,安全な走行ができるようにする。

         

○ 交通安全を語る会(5,6年生)
  • 日ごろの交通安全に対する問題点や危険な体験を話し合うことによって,交通安全の問題を自分自身の問題ととらえ,児童の交通安全リーダーとして自覚を高める。さらに,全校に広め交通安全に対する意識化を図る。

            戻る



トップへ戻る