国語(2年生)

「作者の心情を読み取ろう」
  単元名:豊かな言葉 短歌を味わう

 「みちのくの母のいのちを一目見ん一目みんとぞただにいそげる」
 斎藤茂吉が作った母への思いを表現した短歌。
 茂吉や母の様子や心情を短歌から読み取りました。また、作者の心情を
音読により表現する方法をグループの友だちを考えを伝え合いました。
 授業の最後には、しっとりと短歌を朗読していました。