学校沿革

 

 昭和22年4月1日
 法律26号並びに文部省令第11号により静岡縣濱名郡入野村立入野中学校
 濱名郡入野村大字入野字八反田8757番地・6463番地・9401番地に設置
(小学校敷地内併設)普通教室8、職員室1 校区は、濱名郡入野村入野、西鴨江

                 学校管理者 村長 山下博仁〜昭和25年2月まで
            初代校長 澤柳 義雄

 昭和23年2月22日 浜名郡三方原村元第113部隊の兵舎1棟を移築・起工式
      4月10日 上棟式
      7月 8日 落成式 木造2階建 瓦葺
            間口10.5間 奥行8間 総建坪面積84坪
            普通教室4、職員室1、裁縫室1、図書室1、宿直室1
            衛生・放送室1 使丁室1 便所
            入野中学校独立校舎建築を村議会において決議
 昭和23年3月31日 入野村青年学級廃止
 昭和24年4月    第2代校長 大澤 浩 着任

 昭和24年8月1日 入野村字蜆塚、本村 浜松市に編入分離 同字生徒は本校に籍を置く
 昭和25年4月3日 学校管理者 村長 小田木和吉〜昭和27年10月まで 校歌制定
           第3代校長 中村喜平 着任

 昭和26年3月3日 中学校建設敷地決定 火伏山 7,650
      4月   第4代校長 橋本正十 着任

    10月31日 地鎮祭 起工式 武本組
 昭和27年2月18日 第1期建設工事入札 入野村矢田組落札 1,150,000
              中学校建築委員
(昭和25914)
                     彦尾 伊藤英一郎 福原新平    本所 竹村啓太郎 竹村三津次
                     道陸地 伊藤平太郎 本間博    北脇 滝本平吉 伊藤伯市 
                     田端東 袴田専一 竹村廉平    田端西 石井粂吉 石井粂次郎
                     臨江山 小田木邑三 原田八郎   南平 土屋筧蔵 袴田全城
                     西鴨江 藤谷愛次 山下継次郎 竹村政清 河口

 昭和27年3月  神久呂村志都呂部落生徒18名・本村に寄留
 昭和27年4月    第5代校長 阿部 茂 着任
 昭和27年11月 入野村教育委員会発足 新校舎竣工
 昭和27年11月1日 学校管理者 入野村教育委員会〜昭和32年3月まで

 昭和27年12月16日 入野村入野17059番地に新築移転 校地面積7,650
 昭和28年4月1日 神久呂村志都呂部落、本村に合併のため同字生徒本校に編入
 昭和28年11月14日 第2期工事入札 落札者 林工組 8,045千円
             建坪 平屋 
266.0425
      11月18日 起工式 
12/15上棟式
 昭和29年      校訓制定「強く 正しく 美しく」

 昭和29年4月29日 南校舎第2期工事完了
 昭和30年4月   第6代校長 高田吉郎 着任
 昭和32年4月1日 浜松市へ編入 浜松市立入野中学校と校名変更
                学校管理者 浜松市教育委員会
 昭和34年3月3日 校門竣工(竹村政清氏 寄贈)
 昭和34年4月   第7代校長 生ア利雄 着任

 昭和34年7月2日 プール工事竣工(市費)
    10月26日 東登校坂舗装工事竣工(市費)
 昭和35年7月 関西道徳東海大会研究会

 昭和35年9月26日 西登校坂舗装工事竣工(市費)
 昭和37年4月    第8代校長 袴田福重 着任

 昭和37年6月19日 技術室改装竣工(市費)
 昭和40年4月    第9代校長 野島万寿男 着任

 昭和40年5月8日 内藤記念館建設委員会発会式
     7月13日 更衣室完成
 昭和41年4月11日 内藤記念館起工式
 昭和42年3月15日 内藤記念館落成式
 昭和43年4月    第10代校長 須部 公 着任

 昭和44年5月10日 プレハブ式技術室1棟落成(市費 225万円)
     10月 浜松市教育委員会指定「学校運営研究」発表 
 昭和45年6月8日 運動場西北側校地(三角地)拡張 1,979,62u
         (北登校坂替地分299.70u、自治会経費によるもの1,059.48u)
 昭和46年4月    第11代校長 大城 正 着任
 昭和46年11月1日 運動場東防球ネット工事完了
 昭和47年9月  運動場北側土手の土留め工事完了

 昭和48年1月26日 運動場北フェンス完成
 昭和48年8月 南運動場バレーコート東フェンス取付

 昭和48年11月15日 運動場西側校地 自治会経費による分登記
 昭和49年4月    第12代校長 村松源一 着任
 昭和49年9月  登校坂東側石垣完備 運動場北西石垣構築フェンス取付

 昭和50年10月 浜松市教育委員会指定「体力づくり推進校」研究発表
 昭和51年6月1日 運動場に砂場新設
 昭和52年2月10日 運動場北西に部室新設
      4月    第13代校長 中川智光 着任
       
      6月9日 運動場に夜間照明4基設置
     10月13日 運動場国旗掲揚塔ポール3本設置
 昭和53年4月10日 運動場南にプレハブ3教室新設
      8月1日 運動場にプレハブ6教室新設
      8月3日 南校舎解体作業開始
 昭和54年6月19日 新校舎(4階建第1期工事)落成式
 昭和55年3月28日 プール東にプレハブ1教室新設
 昭和55年4月    第14代校長 土屋正和 着任

 昭和56年3月27日 プール東に更にプレハブ1教室新設
 昭和56年4月    第15代校長 片山嘉一 着任

 昭和57年11月30日 校地南西崖土留め工事完了
 昭和57年3月24日 校舎増築4教室完成(西側へ) プール東プレハブ2教室撤去
 昭和58年5月 シンガポール留学生受け入れ
 昭和58年7月11日 登校坂上花壇新設工事
     11月 浜松市教育委員会指定「健康教育」研究発表
 昭和59年4月  第16代校長 山本勝一 着任

 昭和59年11月8日 健康優良校受賞
 昭和60年3月31日 テニスコート工事完了 サッカー防球ネット工事完成
 昭和60年4月 生徒数最大の年度(全校生徒909人)
 
 昭和61年4月 佐鳴台中学校新設分離
         学区は、入野町・西鴨江町・志都呂町となる
 昭和62年4月 第17代校長 古谷廣行 着任

 昭和62年5月 家庭教育地域育成事業の浜松市指定を受ける
      7月 入野地区青少年健全育成会結成
 昭和63年4月 第18代校長 中村誠一 着任

 平成元年3月13日 特別活動室・技術室新築工事終了竣工
     4月 「道徳教育地域浸透事業」「社会福祉教育実践校」の指定受ける
 平成3年2月 パソコン教室改装工事完了
 平成4年4月 第19代校長 竹山惠一郎 着任
        「福祉教育実践校フォローアップ事業」の指定受ける

 平成5年3月17日 プール改築落成
 平成5年12月 体育館工事竣工
 平成6年5月 浜松市「福祉教育実践校」指定 平成67年度
 平成6年6月 シンガポール留学生受け入れ

 平成7年2月 運動部室工事完了
 平成7年4月 第20代校長 吉山憲昭 着任
 平成7年6月 シンガポール留学生受け入れ
 平成8年3月 体育器具庫竣工

 平成8年10月28日 創立50周年記念碑建立 11月 50周年式典
 平成9年10月 浜松市教育委員会「授業研究」指定 発表
 平成10年4月 第21代校長 伊藤 彰 着任

 平成11年4月 浜松市教育委員会指定「情報教育」研究
         静岡県教育委員会指定「いきいきPTA研究
 平成12年11月 「健康推進優秀校」賞受賞
 平成13年4月  第22代校長 山田素男 着任
        
  青少年赤十字(JRC)指定「青少年赤十字活動」
      8月 「あすなろ賞」受賞 
 平成13年10月5日 インターネット用LAN整備工事完了 
 平成15年4月  第23代校長 鈴木 義一 着任
          静岡県教育委員会指定「小中連携型基礎学力」〜平成18年度

 平成16年2月 浜松市教育委員会指定「学校インターネット事業」研究発表
 平成16年11月 「環境美化教育優良校 最優秀校」受賞
 平成17年4月 文部科学省指定「確かな学力育成のための実践研究事業」〜18年度
 平成18年4月  第24代校長 白柳隆康 着任

 平成18年10月 文部科学省指定「学力向上拠点形成事業」

    静岡県教育委員会指定「小中連携型基礎学力定着プロジェクト」研究報告会
 平成21年10月 校舎増築工事完了
 平成22年4月  第25代校長 増井俊光 着任

 平成23年4月 発達支援学級(知的)「ひぶせ」新設開級
 平成26年3月 防災用太陽光発電システム工事完了
 平成26年4月 第26代校長 鈴木康一 着任
 平成29年4月 第27代校長 松本政志 着任