ようこそ校長室へ

2017.4.18

 湖面輝く佐鳴湖、田園風景、緑濃き丘、豊かな自然に抱かれ、70年の伝統を誇る本校は、昨年度末までに11,729人の卒業生を送り出し、新しい71年目のスタートに立ちました。

 この度、第27代校長を拝命いたしました。大変光栄であるととともに、重責に対し、身の引き締まる思いです。

 入野中学校の生徒のために精一杯努力して参ります。よろしくお願いいたします。
    平成29年 春  校長 松本政志
 

歴代校長名

●校長 あいさつ

朝礼の話「最近の嬉しかったこと」 (5月)


                                  平成30年5月9日

おはようございます。 
今朝も正門で、たくさんの生徒のさわやかな挨拶が、私の一日をスタートに、喜びと元気をいただきました。私は、この朝のひとときが大好きです。

『入野中の生徒は、挨拶が素晴らしい。』 多くの方が、そのように褒めてくださいます。昨日の昼の放送でも、教頭先生や榊原先生がインタビューで答えていました。本当に嬉しいことです。皆さんと一緒にいると嬉しいことが次から次へ起こってきます。



最近の嬉しかったことを1つ話します。
3年生の修学旅行は、時間を守り、見学の態度やマナーも良く、素晴らしい修学旅行でした。2日目の判別研修は、グループごとに現地のガイドさんと一緒にバスに乗ったり歩いたりして1日、京都市内を巡るものでした。

嵐山発の路線バスに乗ると、偶然にも入野中の生徒の一班と一緒になりました。車内は、混雑もなく全員が座って発車となりました。グループに着いてくれているガイドさんが「東寺へ行くから四条大宮で乗り換えだよ」と教えてくれます。

いくつかめのバス停を発車すると、並んで座っていた2人の生徒が立ち上がってバスの前方へ動き出しました。「まだやで!、映画村に行かはるんかい?」近くの男性が2人に声を掛けました。男性は、ガイドさんの声を聴いていたのでしょう、四条大宮で乗り換えるはずの中学生に声を掛けてくれたのです。

2人は、運転席近くに立っていた一人の女性に、何か声を掛け戻ってきました。「席、譲ろうとしたんか?兄ちゃんら、えらいな〜。」と先程の男性。席を譲ろうとしたけど、どうやら、その女性は遠慮されたようでした。2人は照れ笑いをうかべ、その後しばらくバスに揺られました。

今度は、バス停にバスが止まるやいなや、4人の生徒が席を立ち前の方に向かっていきました。と同時に4人のやや年を召した女性がバスに乗り込んできました。「兄ちゃんたちが席譲ってくれはったんや。遠慮せんと座りなはんな。」先程の男性が大きな声で嬉しそうに、女性たちに声を掛けました。

前方では。中学生4人が、他の乗客から「修学旅行なの?どこから来たの?優しい子らやね〜。」などと声をかけられています。そして、しばらく行くと、先程の男性が、中学生4人に「えらかったな〜、がんばりや」などと肩をたたきながらバスを降りていきました。

短い時間でしたが、京都を走るの1台のバスの中は、温かい空気に包まれ、乗り合わせたみんなが幸せな気持ちになりました。 

お年寄りや体の不自由な人に席を譲るのがマナーだとわかっていて、今がその場面だとわかっていてもできない人が多い中、まして、一度は席を譲ろうとして断られていながらのこの行動は、本当に格好良く素敵でした。「私が勤める学校の生徒たちですよ!素晴らしい生徒たちでしょ。」って大きな声を上げたくなるくらい嬉しいことでした。 

あいさつ、返事、歌声、履きものをそろえる、相手を思いやる。日々の小さな場面の中で今あるべき正しい判断と行動を積み重ねてください。判断の基準は、みんながやるかどうかではなく、正しいか正しくないかです。一度行動できれば、自分の何かが変わります。 

衣替えが済んでいる生徒も何人かいますね。ここ数日は、寒暖の差が大きいようですので、健康に気を付けて、1学期の後半も実り多いものにしてください。                                                                                           校長 松本政志

     
 
「こころ一つに、精一杯」壮行会 6.23
 
 図書室前に「BIG ART!」第2弾 PTA図書ボランティア 6.27
     
 佐鳴湖ふれあいウォーク
 
 快晴の青空、休日の朝、少し早起きをして「佐鳴湖ふれあいウォーク」に参加しました。社協の皆さんが中心となって毎年開催されているそうです。中学生ボランティアもたくさんお世話になって、張り切って役割をこなしていました。いいものです。地域の中で中学生が生き生きと活躍し、温かい目で見守られている姿。これからもよろしくお願いします。
 
 H29.6.3『佐鳴湖ふれあいウォーク』主催:入野地区社会福祉協議会
  
     
 中部日本吹奏楽コンクール
 静岡県大会(中学校・大編成の部)
         6月4日/浜北文化センター
 中学校・大編成部の最後を飾った入野中学校。課題曲に続いて、自由曲〜歌劇「ラ・ボ゙エーム」第2幕より〜の演奏。よかった!
 演奏を終えて会場から出てきた皆の笑顔が何よりでした。銀賞をいただきました。応援ありがとうございます。
          
※ブログ
   
                      【中日新聞6/2朝刊より】
     
     今月の花 H29.6.3
 今月の校長室の花は、上田先生が選んだこの作品です。
明るい黄色がちりばめられ、緑が真っすぐに伸び、真ん中の白花を一段と美しく引き立たせている感じがします。
 右下には、遠慮気味にほおづきがかわいい姿をのぞかせています。

 校長室が、華やかで明るくなりました!

 一鉢の花が 空気を一変させます。

 茶華道部の山下さん、素晴らしい作品をありがとうございます。
     

■東大寺大仏殿 
修学旅行に行ってきました。 
 4月23日(日)〜4月25日(火) 奈良・京都・大阪方面
 まさに旅行日和の素晴らしい季節と天候に恵まれ、充実した研修旅行になりました。
 特筆すべきは、天気だけではありません。3日間の全行程を参加者全員が、事故や病気、おおきな怪我もなく全うできたことは、本当に素晴らしいことだと思います。たくさんの笑顔を見ることができました。仏像や建造物を真剣に見つめる瞳もありました。
 保護者の皆様には、物心両面で御理解と御協力をいただきありがとうございました。
 ■二条城  ■北野天満宮  ■伏見稲荷大社
 修学旅行のブログ その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8
その9
 その10 その11 その12 その13 その14 その15 その16 その17
 
 校長室に、「生け花」が届きました。
 茶華道部で、華道の実習の作品です。花の心得のない私ですが、立体的で形も色もバランスの取れた素敵な一鉢になっています。また、全体的に優しい仕上がりにもなっているようです。

 花を飾ってもらった日は、留守をしていて、作者の新村さんとは、まだ会っていません。この場を借りて、お礼を言います。「ありがとうございます。これからも、ますます腕に磨きを掛け、皆を楽しませる花を生けてくださいね。」

 修学旅行を直前に控えていますが、体育館では、バレー・バスケ、グランドでは、陸上競技・野球・サッカー・ソフトテニス、ほかにも、剣道・水泳・ボート・卓球・科学・美術・書道・パソコンの各部は、新入生の体験入部(仮入部)期間となり、上級生が張り切っています!・・・1年生は、緊張しながらも一生懸命です! 

■生け花 H29.4.20
 

■生徒総会 H29.4.17

試行ブログ 『ひぶせの子』

「前期生徒総会」が行われました。
 平成28年度後期生徒会役員から新体制にバトンタッチ。引き継ぎ式では、前役員から「校旗」「市旗」「国旗」が、『よろしくお願いします!』の元気な声とともに新役員に手渡されました。

 新会長の野間さんからは、スローガンと活動の3つの柱について話があり、より良い学校づくりへの強い決意が全校生徒の心に届きました。各専門委員会の委員長も活動方針と重点活動を堂々と発表。

 いずれも、満場一致で採択され、平成29年度の生徒会が新しいスタートを切りました。
 代表生徒の発表も素晴らしかったのですが、参加していた会員(生徒のみなさん)の態度も実に立派でした。今後の活動に期待します。
 

避難訓練! H29.4.13
 熊本地震から1年、多くの犠牲者を出し、いまなお不自由な生活を余儀なくされている方も多くいます。

 本日は、給食調理室から出火したとの想定で、全校の避難訓練を行いました。「避難指示」の放送から全校生徒の避難と人員確認までの時間は、8分余り。

 全員が、無駄話もなく整然と行動できたことにより、766名の避難が大変スムーズに進みました。
 火災の他、地震や暴風雨など、いつどのような災害が襲ってくるか予想はつきません。自分の命は自分で守る、集団の命は、一人一人の行動と全員の協力によって守られます。

 本日の避難訓練は、立派な態度でした!! 100点満点。