学級経営の方針         


  ・生徒一人一人の障がいや能力、可能性を把握し、適正な指導を図る。

  ・体験的な学習を重視し、「生きて働く力」を身につけさせる。

  ・日常生活の指導を充実させ、個に応じた指導をする中で、身辺自立から社会自立を目指す。

  ・約束(規律)を守り、社会で好かれる人間を目指す。

  ・学校と家庭との協力体制を積極的に推進し、共通理解のもと同一歩調で指導にあたる。
                                ※日報「ひまわり」の活用

  ・教科での個別の指導を重視し、個に応じた指導を展開する。(国数・・習熟度別クラス)

  ・通常学級との交流活動を積極的に取り入れ、お互いの存在を理解し合えるようにする。



      ひまわり学級のキャッチフレーズ


   「本気と根気で接する教育」

                                  

           本気でほめる・本気で諭す
  

      生徒と教師のモットー


           ・アセラズ   ・アテニセズ   ・アキラメズ




     ひまわり学級目標


       「自分のことは自分でやろう」 ・・・ 身辺自立 から 生活自立へ そして 社会自立



     ひまわりっこ宣言


       ひまわりっこ宣言をしながら日々頑張っていきます。


           






                                         戻る