マテバシイ(マテバ椎)


 

全体の様子です。ビオトープの周囲では比較的大
きな樹木です。
 幹の表面。
葉の表面。つるつるしています。  葉の裏側

種 類
植物 双子葉植物離弁花 常緑高木 ブナ科

学 名
Lithocarpus edulis

分 布
本州、四国、九州、沖縄

環 境
平地の林や日かげ,丘陵地の森や林の中,公園や庭,街路樹

花 期
6月

結実期
翌年10月

花の大きさ
5〜8cm


10〜15m

説 明
暖地に生える。むかしから防風林用の生け垣などとして利用されてきた。
南のほうでは純林をつくっているところもあるが、古くから植栽されていたために、
自然分布したものかどうかはわからない。ドングリは食べられるが、味はそれほどよくない。


ビオトープのTOPに戻る