サツキツツジ(皐月躑躅)

ツツジ科ツツジ 常緑低木

全体
 
耐寒性があります。   小さくてとてもきれいです。 丈夫でざらざらしています。
 


 本州の関東西部以西、九州地方の河岸の岩上に生えている分枝の多い植物です。高さはおよそ30cmで、
庭園に広く栽培されています。葉は小さくて皮針形で両端ともとがっていて、両面に毛を粗生しています。
  花は、紅紫色、5裂、濃淡といろいろあり、雌しべは5本あります。多数の栽培品種が知られていて庭木
や盆栽に用いられています。増殖は、さし木が容易です。4月ざしは前年枝、梅雨ざしは当年枝を使うとい
いです。
  和名の「サツキ」は陰暦の5月に咲くという意味です。「サツキ」は、狭義には
「Rhododendron indicum(L.) Sweet」の和名ですが、「Satsuki Azalea hybrids」の総称として用
いることもあります。

 

参照 本「標準原色図鑑全集8 樹木」

ホームページ「http://www.kawamata-h.fks.ed.jp/MyPhoto/satsuki.thm1」

「http://mc1.cc.iwate-u.ac.jp/Flora1endar Morioka/EarlySsummer2/satsuki tsutsuji.htm1」

 
ビオトープのTOPに戻る