ヤマボウシ(山法師)

 



分布: 本州・四国・九州
特徴:

落葉広葉樹。高さ10mほどになる高木。樹皮は亀甲状にむけて美しい。5〜6月の十字形の清楚な花、秋の紅葉、
赤く熟して食べられる果実それぞれに趣がある。

特性: 陽樹〜中庸樹。萌芽力あり。やや湿地のある土地を好む。生長は遅い。

 

 ヤマボウシは本州から九州に分布する落葉の亜高木。朝鮮から中国にも分布する。ブナ林にも生育するが、丘綾地帯の
二次林にも生育する。適潤地で良く生育し、乾燥する場所ではあまり生育はよくない。近年庭園などに植栽されることが多
くなったが、乾燥する場所では成績がよくないので留意が必要。
 葉は葉脈がはっきりしており、この仲間の特徴をよく示している。初夏に特徴のある花を咲かせて目立つ。
 4枚の花弁のように見えるのは総苞であり、その中心に多数の花がつく。花弁は4枚、雄しべは4本である。
 和名は山法師であり、白い総苞が白いずきんをかぶった山法師を連想することから付けられた。秋には赤く、苺を連想さ
せるような果実ができ、甘く食べられる。花言葉は「友情」。ヤマボウシの園芸品種や変種は、ベニバナヤマボウシ、ハナ
ヤマボウシ、アオヤマボウシ、フイリヤマボウシです。ベニバナヤマボウシは苞が赤みを帯びます。ハナヤマボウシは大きな
苞を着け、アオヤマボウシはやや緑色帯びた小さめの苞を着けます。


ヤマボウシの全体図です。葉がぜんぶ散ってしまいました。 ヤマボウシの幹です。表面はデコボコしていて感触はざらざらしていました。 ヤマボウシの枝です。やはり葉は見当たりません。


ビオトープのTOPに戻る