ヤマツバキ(山椿)


全体の様子 葉の表面。厚くて光沢があります。
葉の裏側です。 花です。

分 類
植物 双子葉植物離弁花 常緑高木 ツバキ科ツバキ属

学 名
Camellia japonica

別 名
ヤブツバキ、ホウザンツバキ、タイワンツバキ

分 布
本州、四国、九州、沖縄

環 境
海岸、平地の林や日かげ、丘陵地の森や林の中、公園や庭

花 期
2〜4月

結実期


花の大きさ
5cm

丈  
5〜15m

説 明

ヤマツバキ(山椿)Common Camella(コモン・カメリア)は、ヤブツバキ(藪椿)Comellia japonica
(カメリア・ヤポニカ)の別名である。
冬から春にかけて花が咲き、庭などに植えられ日本でもよく親しまれている家木である。
広く自生もしており、おもに海岸近くの丘陵や山に生えている。
丸みのある花筒部の底で多量の蜜液を分泌しているので、鳥類や昆虫などが集まってくる。


ビオトープのTOPに戻る