台風等による暴風警報時の対処基準
 浜松市立南陽中学校 
                             平成20年5月改正
登 校 前 在 校 中
○午前7時の時点において、台風等による   『暴風警報』発令中の時

自宅待機
(NHKのニュースの気象情報を基準とするが、7時以前にも発令されることがあるので早く起きて確認すること。)

○10時の時点において、台風等による『暴風警報』が解除されている時

10時より登校を開始(弁当持参)
  (10時以前には登校しない)

○10時の時点において、台風等による『暴風警報』が解除されていない時

生徒は休校

     午前中は、学校に留める


○『暴風警報』が発令された場合または、台風等の接近が予想される場合は、
教育委員会等の情報をもとに
下校させる。
 ご家族が留守の場合は学校に留めることもあります。

○15時を過ぎて『暴風警報』が解除されていない時は、保護者または地域の代表者と連絡を取り、適切に対処する。




 
※その他の大雨警報、洪水警報等については、状況に応じて判断する。休校や登校時刻を遅らせる等の連絡は学級の連絡網で行う。
 
「東海地震注意報」発令後のケース別対応行動
  在 校 中 登 校 中 下 校 中 在 宅 中
















 
生活の安全確保を優先する
安全に帰宅する。 そのまま登校する。 そのまま帰宅する。 休校になる。
@教室に集まる。
A落ち着いて、行動の仕方を確認し先生の指示に従う。







 
@「東海地震注意情報」発表時に自宅にいるものは、自宅待機する。
A登校中の者は学校に来る。
B教室に集まる。
C落ち着いて、行動の仕方を確認し先生の指示に従う。
※以後は在校中のBから同様に対処する。










 
警戒宣言発令の可能性がなくなるまで、自宅待機。


警戒宣言が発令された場合は、警戒宣言解除まで自宅待機。


 
B学校(本部)の指示で避難誘導する。
C通学班単位で集合待機する。
D帰宅する。
E家が留守の家庭は、連絡とれしだい、帰宅する。