本文へスキップ
【お問い合わせ】〒431-3905 静岡県浜松市天竜区佐久間町半場50-1 電話番号 053-965-0024/FAX 053-965-1770 Eメール sakuma-e@city.hamamatsu-szo.ed.jp

学校概要

校長室より(学校や地域の紹介)



佐久間小学校学区
「地理院地図」をもとに作成 http://maps.gsi.go.jp/

 皆様、浜松市立佐久間小学校のホームページを御覧いただき、まことにありがとうございます。

 本校が現在、学区としている地域は、天竜区佐久間町の「佐久間地区」「山香地区」「城西地区」です。明治初期に学制発布がされるといち早くこれらの各地に学校や分校が設立され、公の初等教育が開始されました。(当時は豊田郡佐久間村・中部村・半場村・大井村・戸口村、周智郡奥領家村・相月村・堀之内村・上平山村)そこから数えると、すでに140年以上の長い歴史を持っています。

 昭和32年度には、当時の磐田郡佐久間町の「佐久間地区」にあった3つの小学校(中部小・半場小・佐久間小)が統合して「佐久間町立佐久間小学校」となり、長い間、佐久間地区の教育を担ってきましたが、佐久間町全体の過疎化に伴い、平成18年度に隣の「山香小学校」と統合、さらに今年度(平成29)からはその隣の「城西小学校」とも統合しました。現在の浜松市天竜区佐久間町において、「佐久間地区」「山香地区」「城西地区」の3地区にまたがる、たいへん広い学区をもつ小学校となりました。

 城西小学校まで統合したので学区はたいへん広大になりましたが、それでも全校児童数は30名、「完全複式」の小規模校です。(昭和30年代には佐久間・山香・城西の児童が合わせて2千数百人もいたのですが、過疎化の影響で激減しました。)

 小規模校というと、

  「人数が少なくて、じゅうぶんな教育ができないのではないか」

  「子供たちも依頼心が強く主体的な意識に乏しいのではないか」

などと思われがちです。

 確かにそういう面が全くないとは言いません。でも、佐久間小学校では、教職員・保護者・地域が一体となって、一人ひとりの「輝き」を引き出す教育を、全力で推進しています。

 小規模校には、「少人数だからこそできること」がいっぱいあり、可能性に満ちているのです!

  ○一人ひとりに寄り添った「きめ細かい指導」ができる
  ○一人ひとりに「豊かな体験」がさせられる
  ○一人ひとりに「責任ある立場」を与えられる
  ○一人ひとりに「やる気」や「活力」を持たせられる
  ○一人ひとりが自分らしさ(輝き)を最大限に発揮することができる etc…

 子供たちはみんな、自分らしさを存分に発揮して、どんな活動にも明るく意欲的に取り組んでおり、朗らかな笑顔と真剣なまなざしの絶えない、活力にあふれた学校が創り出されています。

 学校教育目標は
 「自分らしさを輝かせる子」
 そしてサブタイトル(合言葉)は
 「小さな学校・大きなファイト!」です。

 「小さな学校(…だけど…)大きなファイト(…でがんばるぞ!)」
 あるいは、
 「小さな学校(…のよさを生かして…)大きなファイト(…を生み出すぞ!)」

 …そんな心意気で教育に取り組む中で、「自分らしさを輝かせる子」がすくすくと伸びていく学校を目指しています!

 「自分らしさ」というのは、「輝き」という言葉に置き換えることもできるでしょう。
 そして「輝き」には、いろんなものがある。
 必ずしも「優秀でかっこいい姿」だけが「輝き」なのではない。
 「かっこ悪くても地道に取り組む姿」だって素晴らしい「輝き」だし、
 「自分なりの考えを持っている」とか「みんなを明るくするユーモア精神」「優しい気持ちを持っている」など、
 様々な「輝き」があります。

 まずは「自分の輝き」を大切にし、存分に発揮しよう。そしてさらに、「友達の輝き」にも心を向けて認め合おう…。
 そういう双方向の営みの中で「みんなが輝く」学校にしていきたい。
 佐久間小学校では、子供たちも職員も、そんな気持ちで日々の学校生活を送っています。

 学区内には、日本有数の発電量を誇る「佐久間発電所」や「佐久間ダム」、特別養護老人ホーム「さくまの里」、「佐久間病院」、「佐久間協働センター」「歴史と民話の郷会館」、「民俗文化伝承館」、各地区の「ふれあいセンター」等の施設が立地します。かつては林業生産や鉱山が盛んで関係施設(王子製紙中部工場、古河鉱業久根鉱山、峰の沢鉱山、等)も数多くありましたが、それらの産業自体が全国的に衰退するのに伴い、施設もなくなっていきました。

 また、「民話の郷・さくま」の名の通り、各地区に昔からの素朴な民話や伝承が数多く残されています。地域でも関連のイベントや語り部の活動等が盛んに行われており、児童もふるさとの民話や伝承に親しんでいます。

沿革

明治7年2月 佐久間小学校、佐久間小学校中部分校・半場分校・羽ヶ庄校分校として開校
昭和32年4月 旧佐久間小学校、旧中部小学校、旧半場小学校を統廃合し、新佐久間小学校として開校する。現在地に校舎の新築を決定し、旧 校舎にて分散教育を行う。12月末第1期工事が完成し、一部児童 が入校する。
昭和33年 第2期工事が完成し、全児童入校。講堂新築。
昭和35年 校歌制定
昭和40年 25mプール完成
昭和46年 羽ヶ庄分校を閉校し、本校に統合。
昭和50年 時計塔を運動場に設置
昭和51年 統合20周年記念事業としてカラーテレビ14台とビデオテープレコーダー1台設置。校訓の制定と校訓碑を設置。生活民具の収集と郷土室の設置。
昭和53年 フィールドアスレティック完成。講堂取り得壊し。体育館起工式。
昭和54年 体育館及び音楽室、家庭科室落成。本館外部塗装。プール用ポンプ設置。
昭和56年 町教委指定佐久間地区幼小中一貫教育研修会(国語科・特別活動)
統合25周年記念事業として体育館の緞帳取り付け、中庭の造園。
昭和57年 体育器具室新築、国旗掲揚塔(ポール3本)建立、児童会旗掲揚塔建立。校門脇「ふれあい黒板」を設置。職員玄関脇に石庭の造園。
昭和58年 運動場全面改修、校門前の池の造園。水巻農園を体育館北側へ造園。
ドウダンの丘造園。竹馬設置場作り。
昭和59年 投てき板設置、放送設備完備、ツツジの丘造園。
昭和60年 前庭に飼育小屋建設。花や野菜の苗床造成、堆肥場作り。前庭に土俵作り。
昭和61年 校舎の耐震工事に伴う小規模改修。耐震工事に伴い花壇の改造。水巻城の建設。
平成元・2年 文部省・佐久間町教育委員会指定「奉仕等体験学習研究推進校」
平成4年 FBC秋花壇優良賞受賞
平成5年 FBC春花壇テレビ静岡受賞。秋花壇自治大臣受賞。学校歯科保健優良学校表彰(静岡県学校保健会主催)
平成7年 FBC春花壇静岡県教育委員会賞受賞。全日本よい歯の学校表彰優良賞受賞。
平成8年 FBC春花壇優良賞受賞。パソコン教室設置(パソコン13台)
平成10年 FBC秋花壇優良賞受賞。第35回花いっぱいコンクール地区審査優良賞(日本花いっぱい協会・毎日新聞社主催)受賞。
平成11年 FBC春花壇優良賞・秋花壇優秀賞・奨励賞受賞。投てき板壁画塗装。
平成12年 学校歯科保健優良学校表彰(静岡県学校保健会主催)小さな親切運動実行章受賞(社会法人「小さな親切」運動本部主催)
平成13年 養護学級用教室の改善整備。飼育小屋の新築。
平成14年 FBC春花壇奨励賞受賞。体育館屋根の塗装工事。全日本学校歯科保健優良校表彰。
佐久間町教育委員会指定「自ら学び豊かに表現する子」
平成15年 FBC秋花壇奨励賞受賞。
佐久間町教育委員会指定研究会開催「自ら学び豊かに表現する子」
平成16年 河川美化活動活動表彰。下水道施設の完備。
平成17年 投てき板 壁画再塗装。山香小学校との交流学習実施。7月1日より市町村合併により浜松市立佐久間小学校となる。
平成18年 山香小学校閉校により佐久間小学校に編入。FBC秋花壇内閣総理大臣賞受賞、広沢小学校と交流、第1回佐久間幼・小合同運動会開催。
各職員用パソコン導入
平成19年 FBC春・秋花壇優秀賞(中日新聞社)・河川愛護褒賞(県)・教育活動奨励賞(プロジェクト活動)受賞、交通安全優秀校、広沢小学校との交流、校庭の桜を老齢化のため伐採、児童用パソコン等新規リース開始
平成20年 FBC春・秋花壇優秀(中日)賞、オープン花壇・ガーデンコンテスト学校の部優秀賞(花咲くしずおか西部地域推進協議会)、校庭の桜・銀杏等高木・高齢樹伐採工事、校庭・裏庭植樹、ネットワーク高速化工事、機械警備開始
平成21年 FBC春・秋花壇奨励賞、交通安全優秀校、AED設置、体育館耐震補強工事完了、電子黒板設置、無線LAN導入、緊急連絡メールメール配信ソフト導入、教室壁補修工事
平成22年 FBC春・秋花壇奨励賞、交通安全優秀校、換気扇設置工事、地上デジタル放送受信対応工事、校舎北壁面補修工事、屋上貯水槽内部・外部塗装工事
平成23年 FBC春・秋花壇奨励賞、交通安全優秀校、校舎南・西・東面補修・塗装工事、音楽室・家庭科室屋根塗装工事、投てき板の補修工事
平成24年 正門付近フェンス改修工事
平成25年 ソーラーパネル・蓄電装置設置工事
平成26年 プール全面改修、グラウンドフェンス等改修工事
平成27年 ガス配管施設修繕
平成28年 統合60周年の記念式典
給水設備及び床改修工事
「佐小式複式学習指導の手引き」作成
平成29年 城西小学校と統合
静岡県学校保健会から表彰(歯科保健優良学校)
静岡教弘教育研究実践論文審査 学校部門優良賞
フェンス増設工事(動物侵入防止)

校歌

校歌をお聴きになる場合はここをクリックしてください。