平成27年度修学旅行
 
平成25年度修学旅行

 ◆ スローガン     つなぐ   〜 全員の絆 〜

 ◆ 目 的

(1) 学年・学級・グループ活動を通して他者のよいところを見つけ、生徒同士・生徒と教師との信頼関係を深めてよりよい集団づくりをする。
(2) 修学旅行に向けて京都に対する自分の興味や関心に沿った学習テーマを設定し、その課題について自主的に調査や追求をする。
(3) 見学を通して知識や教養を深めるとともに、日本の伝統や文化への理解を深める。
(4) 集団での活動を通してルールを守り、まわりの人とのことを考えた行動やマナーを身につける。


月  日 日  程
4月23日(火) 8:50浜松駅北口集合・出発9:37…(ひかり463号)…10:47京都駅(バス)…(バス内で昼食)…12:50法隆寺…15:10東大寺・奈良公園16:50…18:20三井ガーデンホテル京都四条(泊)
4月24日(水) ホテル8:30…(京都市内班別研修・公共交通機関利用)…17:30ホテル…(19:40大徳寺僧侶による法話)…ホテル(泊)
4月25日(木) ホテル…(京都市内班別研修・タクシー利用)…17:10京都駅(ひかり478号)17:56…19:05浜松駅(解散)


◆事前研修

 2日目や3日目の、班別研修のコースづくりです。行きたい場所をピックアップし、まわる順番を決めます。
 インターネットを使って調べている班もありました。
 そのころ印刷室では、修学旅行のしおりをせっせと印刷していました。
 原稿や表紙の絵は、実行委員がしっかりと作りました。
 自分のしおりは自分で綴じ込みます。ついに完成しました。
 体育館では、新幹線への乗り降りの練習をしました。
 廊下には京都や奈良のポスターも貼られ、いよいよ近づいてきたという感じになりました。
 出発前日には出発式を行いました。実行委員長や校長先生のお話を聞きました。

◆1日目 出発〜奈良 (法隆寺・東大寺・奈良公園)

 浜松駅には8時50分に全員集合完了。今回の旅行では、時間を守ることが徹底していました。今年の3年生のすばらしいところです。全員参加の修学旅行も何年ぶりでしょうか。
 新幹線はひかり号のため、1時間10分であっという間に京都に到着します。平均の速さは219km/hです。(理科の授業より)
 ちなみにこだま号だと1時間41分です。(理科の授業より)
 京都駅に到着後すぐにバスに乗りました。中でお弁当を食べました。
 予定より早く法隆寺到着です。浜松の中学生が何校もいます。
 次の目的地は東大寺です。大仏はもともと奈良ではなく、滋賀県信楽につくる予定だったそうです。(理科の授業より?)
 そこからは奈良公園内を班別研修です。鹿とたわむれたり、お土産を買ったりしました。鹿に追いかけられて転んでいる姿も・・・。
 ホテルに到着。今日はすべて計画より少し早めに行動できました。着替えて夕食です。
 夜はみんなぐっすりと寝られたようです。

 ◆京都市内班別研修 (2日目公共交通機関利用 ・ 3日目タクシー利用)

 制服に着替え、班別研修に出る支度を調えてから朝食です。8時30分、いよいよ出発です。
 2日目はあいにくの雨でしたが、元気よくスタートです。今日は路線バスと地下鉄を使っての班別研修です。
 昨年できたばかりの京都水族館へ行く班もありました。写真には写っていませんが、東寺の五重塔をバックにイルカがジャンプするそうです。
 2日目は金閣寺・二条城・清水寺など、有名なお寺へ行く班が多かったです。
 清水寺は工事中の箇所もありましたが、新緑がとてもきれいでした。
 3日目はタクシー研修です。2日目と違って待ち時間も無く、快適だったでしょう。
 お土産をたくさん買いました。おみくじもたくさん引きました。7回引いたら3回大安だったという生徒もいました。そんなに引いても御利益があるんでしょうか。
 帰りの新幹線の中で、小遣い帳をしっかり書いているIくんです。たくさんつかってしまいました。親に感謝しましょう。

 生徒の感想

●良かった面はたくさんありました。その中でも特に「時間を守る」ということができたので、とてもよかったです。「時間を守る」ことは集団行動で一番大事なことだと思うので、これからも学校生活で生かしていきたいです。

●1日目は京都に着いたあと、法隆寺、東大寺、奈良公園に行った。奈良公園では鹿がこわくて鹿せんべいがあげられなかった。

●東大寺では大仏の大きさに圧倒されながら、大仏の繊細さに目を奪われて驚きました。2日目の班別(研修)では浜松のバスと京都のバスの違いに驚きました。例えば浜松のバスはすべて前を向いていますが、京都のバスは横を向いているものもあって、同じ日本なのに…と不思議に思いました。

●奈良や京都では私たちの住む静岡と比べながら楽しむことができました。例えば京都ならではの街並みや方言など、どれも驚くものばかりでした。

●2日目、班別研修でAさんと私は外国人に話しかけられ、一緒に写真を撮ってもらえた。とてもよい体験になった。移動中のバスの中では2つのことがあった。ひとつはB君とC君が席を譲ってくれたこと。もう1つは、お年寄りに席を譲ってあげたとき、笑顔でありがとうと言われたことだ。

●僕は班長として、班をまとめることができなかった。しかし班内の大きなケンカがなかったのでよかった。D君がレディーファーストを心がけていて、ジェントルマンだなあと感じた。

●3日目のタクシー研修では、タクシーの運転手さんに、いろんなことを教えてもらいました。例えば平安神宮には4つの守り神がいることや、右大臣左大臣の昔話などです。

●僕はこの修学旅行で身だしなみやお世話になった人へのあいさつ、道ですれ違った人へ「こんにちは」のあいさつなど地味なことですが、しっかりやることができました。

●失敗も悪いことばかりではないということ。失敗してから学ぶこと、反省から生かせることは、この修学旅行で数多くあった。計画の甘さ、準備の悪さなど、その度落ち込むことも多かったけれど、後々考えればそんなことも教訓となり今後に生かせることばかりだ。



◆平成24年度修学旅行
Copyright(c)  Hamamatsu Sanarudai Junior High School, All RigtsReserved.