沿革史

佐藤小学校 沿革

昭和4年
船越(東小),天神,佐藤(相生小)の三町で学区を作り浜松市佐藤尋常小学校を創立

昭和10年
天神,佐藤の二町が学区となる。

昭和16年
浜松市佐藤国民学校と改称

昭和22年
浜松市立佐藤小学校と改称

昭和30年
講堂落成



昭和32年
プール完成

昭和35年
南鉄筋校舎完成(管理棟・特別教室 2)

昭和36年
特殊学級開設

昭和48年
北鉄筋校舎完成

昭和54年
体育館落成

昭和61年
体育館全面塗装,受水漕新設

平成元年
北校舎大規模改造工事

平成2年
講堂外壁塗装工事

平成3年
南門完成,校訓「創造」石碑完成

平成6年
南校舎外壁塗装工事,下水道改修工事完了  

平成8年
体育館雑庫改修,家庭科室改装

平成9年
発達学級,言語通級指導教室改造工事。理科室,図工室,図書室改造工事

平成10年
体育館床改修工事完了。発達学級の拠点校となる。通級指導教室開設。

平成11年
給食室衛生管理強化改修工事

平成12年
花のトンネルが完成する。

平成15年
体育館の耐震工事が完了する。

平成16年
運動場北に仮設校舎(校長室・職員室・図書室・図工室・会議室・言語教室)が完成する。  

平成17年
講堂の解体工事をし、新南校舎建設が始まる。

平成18年
新南校舎が完成する。新しい二宮金次郎像が設置される。

Copyright(c) 2015 SatoElementarySchool