インフルエンザ対応

● インフルエンザの取り扱い
医師から「インフルエンザ(新型・季節性)」と言われた場合は、診断された日から「出席停止」となります。診断されましたら、医師に、A型かB型かを確認していただき、学校まで連絡をしてください。出席停止の用紙をお渡し致します。
※ 登校する場合は、医師の許可が必要です。学校からお渡しした用紙に、医師に記入してもらいその用紙をお子さんに持たせ、登校させてください。

● 「インフルエンザ」を出席停止にする意味
一言で言うと、感染防止です。インフルエンザは感染力が強いため、他の児童にうつってしまい、大流行となる恐れがあります。また、症状も強く、特に、病のある方、お年寄りや小さなお子さんのいる家庭では、命にかかわることがあるため、十分に気をつけなければなりません。医師の許可がでるまで、自宅で安静を守り、しっかり治すことが、とても大切です。

● 一人一人が気をつける
学校は集団生活の場です。一人一人が気をつけて、予防(うがい、手洗い等)をし、早めの対応(咳エチケット、医師にみてもらう等)に心がけ、お互いに、うつさない、うつらないように、気をつけることが、とても大切です。
御家庭におきましても、御配慮をお願い致します。

Copyright(c) 2015 SatoElementarySchool