インフルエンザについて

 

重要チェックポイント

 1.地域のインフルエンザの流行

 2.急激な発症

 3.38度以上の発熱および悪寒

 
4.関節痛、筋肉痛

 インフルエンザは風邪とは違います。

  近年では診断キットが開発されて、
鼻水やのどの粘膜を採取して検査するだけで、インフルエンザの型も特定できるようになりました。

インフルエンザの初期症状を見逃さないようにして,
疑わしいときはできるだけ早く医師の診断を受けるようにしましょう。
インフルエンザの停止期間は発症後5日を経過し、かつ解熱後2日を経過するまで
 学校保健法に定められているインフルエンザの出席停止期間は
「発症後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで。」となっています。
  しかし最近、インフルエンザの特効薬が開発され、
重症化せず、高熱が出ないこともまれに見られます。
 この場合、熱が下がったからと早めに登校すると、また症状がぶり返す、ということもあります。
また体力が低下しているときですので、違う型のインフルエンザに感染してしまうことも考えられます。
食欲や体力が回復するのを待って、体調を整えた上で登校していただきたいと思います。