トップページ > 校訓・校章・正門

  

home200.gif

由来

 私たちの積志中学区の校区は1957年10月1日,浜松市に合併するまでは浜名郡積志村といいました。その積志村のしるしが小学校,中学校共通の校章として用いられています。

 積志村は1908年,有玉村,中郡村,と小野田村の一部半田町が合併してできました。三つの村が志を一つにして,協力して立派な村づくりをしようという気持ちから「積志」の名が生まれ,その志を三つに組み合わせ,ゆるぎない三角形を構成したのです。

 また,全体の輪郭は水仙の花をかたどり冬の寒さに耐えて清らかに咲く花のようにありたいという願いが表されています。

  積志中の正門付近の写真です。中央左に見えるのが、50周年記念で建てられた時計塔です。その下には、積志中に在校したことのある方ならご存じの、ビーナス像があります。積志中学校の一日は、みなこの門をくぐったところからスタートするのです。


トップページに戻る