< 彦助堤跡 >
<庄屋・松野彦助屋敷の井戸跡>
4年社会科「くらしを守る」
6年わかば「ふるさと再発見歴史をさぐる」
 今から300年ほど前、新原村の庄屋であった松野彦助は,
「村を水害から守るには,りっぱな堤防を築くことだ。」
と考え,多くの人々に呼びかけて堤防工事に取り組んだ。
彦助は,自分の田畑を売った費用で堤防工事をやり続けた。
最後には,自分が人柱になったと言われている。
< 東原遺跡跡 >
6年わかば「ふるさと再発見歴史をさぐる」

今は,何もないが,川沿いに芝本の方から大きくつながる住居跡があったといわれる。
河合さんが寄付してくださり,学校にもいくつか東原遺跡から発掘された器などがある。
<東連横の常夜燈>
< 龍 燈 >

<新原のオオマキ>浜北市指定重要文化財

<シロバナタンポポ>5月の連休がよい。
3月から4月下旬頃開花