学校の歩み
明治 6 学制発布とともに下堀校として開校
明治23 天王村市野村組合立与進尋常小学校と改称
昭和 2 長上村立与進尋常小学校と改称
昭和11 現在地に校舎新築移転
昭和16 長上村立国民学校
昭和22 長上村立与進小学校と改称
昭和29 浜松市立与進小学校と改称
昭和35 給食室落成。給食開始
昭和40 防音工事完成
昭和42 体育館落成
昭和45 南校舎鉄筋コンクリート造り落成
昭和47 校歌制定
昭和48 100周年式典を挙行
昭和50 北校舎鉄筋コンクリート造り落成
昭和52 与進北小学校と分離
昭和56 運動場ナイター設備完成
昭和58 110周年式典を挙行
昭和60 健康優良学校受賞
昭和63 運動場北側防球ネットの整備
平成 2 ソニー優良賞受賞
平成 3 体育館移転新築
平成 5 開校120周年式典を挙行
平成10 健康優良推進学校文部大臣小受賞
平成11 学校環境衛生優良学校表彰
平成12 与進小歴史の部屋開設
平成13 図書室じゅうたん張完成
平成14 仲良し館落成
   第2会議室(夜間開放室),雑庫,ランチルーム改築
平成15 130周年式典を挙行
平成16 昇降口の手洗い場整備
平成17 職員トイレ改装
  西門工事完成
  与進放課後児童会落成
平成20 耐震工事完了
  大小プール再塗装工事完了 
平成22 NIE実践指定校(〜平成23年) 
平成25  健康推進優良賞受賞
  校 章

 学 区
 明治6年創立以来139年目を迎える歴史がある。
 昭和40年代に学区の人口が増加し始め,それに伴い児童数も増加したため,昭和52年には与進北小学校が分離新設され,学区が縮小された。学区は市野町の一部,上石田町,下石田町,天王町,原島町,流通元町の計6町にわたっている。
 本年度は29学級970人の児童が在籍し,市内の大規模校の一つとなっている。
 長上地区は,「与進」の名が示すように,昔から教育に関心が高く,保護者も地域も学校教育に協力的である。