2017/6/11、18 救命救急講習

6月11日と18日にプール開放の監視員を対象に救命救急講習会が行われました。

救命隊の方々に心肺蘇生の方法とAEDの使い方を教わりました。

AEDは初めて使用する方でも分かる様に音声で手順を教えてくれます。

AEDの特徴と注意点としては、

①:小児用のパッドがあり、生後すぐの乳児でも使える事
②:小児に使用する場合は、胸と背中に貼る事
③:パッドを貼る時、体が濡れていない事
④:湿布薬が貼られていない事
⑤:心臓のペースメーカーの上には貼っていけない事
があります。

また、救命隊の方からは、『電気ショックの必要がありません』とAEDからアナウンスが流れても、心臓マッサージだけは続ける事を教わりました。

理由としては、心臓を動かし続けることで、体中に血が流れ、意識の回復が促されるためです。

さらに、救急車が来るまでの間、1人だけでの心臓マッサージでは、質が落ちてしまうため、交代して行うことも聞きました。

子供たちの安全に気を配り、楽しいプール開放にしていきたいと思います。

救命隊の皆さんありがとうございました。


教育文化部