出席停止について



出席停止とは・・・
 学校保健法に基づき、病気の悪化を防ぐためと、他の児童に伝染させないため、医師の意見を聞き、校長が出席停止を命じます。


出席停止期間・・・
 医師に診断された日から医師の許可が出るまでです。(さかのぼっての停止はしません。)
 受診して発病がわかった場合は、至急学校に連絡をお願いします。学校で、出席停止の通知書をお渡ししますので、病気の治癒後、再度受診をして、医師に「登校許可証明書」に記入してもらい、登校してください。出席停止の通知は、感染防止から、兄弟姉妹以外の児童を通して届けられません。

出席停止の感染症


  対象疾患 出席停止の期間




 
エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る)及び鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザA属インフルエンザAウイルスであってその血清亜型がH5N1であるものに限る。「鳥インフルエンザ(H5N1)」という。)

治癒するまで

 
感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律第六条第七項から第九項までに規定する新型インフルエンザ等感染症、指定感染症及び新感染症






 
インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く) 発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで
百日咳 特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
麻疹(はしか) 解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふく) 耳下腺の腫張が消失するまで
風疹(三日ばしか) 発疹が消失するまで
水痘(水ぼうそう)帯状疱疹 すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱(プ−ル熱) 主要症状の消退後2日を経過するまで
結核、髄膜炎菌性髄膜炎 伝染のおそれがなくなるまで




 
腸管出血性大腸菌感染症
流行性角結膜炎
急性出血性結膜炎
コレラ
細菌性赤痢
腸チフス
パラチフス
その他の感染症

病状により医師が伝染のおそれがないと認めるまで
 























































欠席について

連絡方法

欠席・遅刻・早退届けを兄弟姉妹や同じ通学班の子を通して 連絡してください。

2 やむを得ず電話連絡をする場合は、午前7時30分〜8時までに連絡してください。

3 続けて休む場合も状態の把握のため、毎日欠席届を出してください。(出席停止は除く)



欠席・遅刻・早退届がない場合はこちらから印刷できます。(PDF形式)






伝染病と診断されたとき

 学校保健法に定められた伝染病である場合、出席停止の手続きをします。医師から診断を受けたらすぐに学校へ連絡してください。診断を受けた日より出席停止となります。
 出席停止の対象となる病気については,下記の【出席停止についての項目】をご覧ください。







                               保健室 トップへ