【所在地・連絡先】
 〒434-0025 浜松市浜北区善地1546
 TEL:053-586-2001
 E-Mail:kitahamahigashi-k@city.hamamatsu-szo.ed.jp
 
 園長:藤原 百合子



日々の保育の様子をブログで公開中です。是非ご覧ください。


○本園は旧浜北市の南東に位置し、天竜川の流れに沿って南北に細長い地域です。

○園区内は田や畑が多く残され、自然に触れることができます。

〇「竜池」という旧地名が大切にされ、地域としてのまとまりがあり、素朴で温和な雰囲気があります。

〇小学校と隣接し、小学校の先生と年間計画を立て学年に応じた交流活動を行っています。

○北浜東部中学校区の教育目標「夢の実現に向けて挑戦し続ける子」を目指し、幼小中学校で連携を取り合い保育を進めています。

@登園時間  8時40分〜8時50分

A降園時間  月・火・木・金 …… 14時30分
          水 …………………14時

B3歳児は徐々に午前保育から通常保育に移行していきます。 
  ☆4月は午前保育で11時降園
  ☆5月連休明けから13時降園
  ☆6月から14時降園
  ☆9月から他学年と同時間に降園

平成30年度行事は、只今作成中です。






  
 子供たちが人として生きる力を身に付けるために、最も大切なことは人と人との温かい触れ合いだと考えます。そこで、幼稚園での生活や遊びの中にいろいろな人と触れ合う場や機会を意図的に設定し、子供が主体となりながら関わりを深めるための環境や援助を工夫しています。
≪自然豊かな環境の中で≫
 園内にはいろいろな木々や大きな築山があり、子供たちは落ち着いた雰囲気の中で、のびのびと生活しています。柿や胡桃など実のなる木々もあり、子供たちは、「色が変わってきたね」「もうすぐ食べられるかな」と自然の変化に興味を持ち、自分たちで収穫したものをおいしそうに食べています。小さな変化にもすぐに気が付き、友達に知らせたり、共に発見を喜んだりするなど、自然体験の中からも友達との関わりが持てるようになっています。



≪園児と小学生との関わりの中で≫
 小学生との交流を計画的に行っています。年長児は5年生と、年中児は4年生と、年少児は3年生とペアで行い、様々な触れ合いを設けて楽しんでいます。
 こうした関わりの中で、身近な人に親しみを持つだけでなく、優しくしてもらった喜びを十分感じ、自分も小さな子に優しくしようという気持ちを育んでいきます。

≪園児と地域の人との関わりの中で≫
 地域の人や保護者との関わりの場を工夫し、触れ合いを多く持つようにしています。
ボランティアサークルの人々との触れ合い
 *クッキングママ ・・・ 子供が喜ぶように誕生会のおやつを工夫して作ってくれます。
 *ガーデニングママ ・・・ 園庭の花壇をきれいな花でいっぱいにしてくれたり、園庭や畑の草取りをしたりしてくれます。
 *ソーイングママ ・・・ 遊びで使うマントやスカート・表現活動で使う衣服などを素敵に作ってくれます。
 *読み聞かせママ ・・・ 毎週水曜日の「きらきらタイム」の時間に絵本の読み聞かせをしてくれます。
 *パッチリママ ・・・ 様々な活動に取り組む園児の様子や素敵な表情を、写真にたくさん残してくれます。
 *お散歩ママ ・・・ 園外の保育に出掛ける時に、付き添いをしながら共に遊んでくれます。

たくさんの方の協力で子供たちは楽しく生活することができます。また、子育ての話や相談をするなど、お母さん同士の交流の場にもなっています。


愛光園訪問
 *年長児が老人施設の愛光園へ訪問に行きます。歌や踊りを見せたり、おじいさん・おばあさんに肩たたきをしたり、お話したりするなどして触れ合います。

1年間継続して通うことで、親しみが持て、優しく接する心や、喜んで参加しようとする意欲がどの子にも見られます。


地域の方との触れ合い
 *じゃがいもやさつまいも掘りなど、園児の貴重な体験、活動の場を提供してくださいます。

地域の幼稚園として大切にされ、“畑のボランティア”の皆様には、栽培活動で御協力をいただいています。



   

本サイトのデータの無断転用を禁止します。